おか顕微鏡歯科医院

診療時間:月曜日~土曜日(9:00~13:00 / 14:30~19:30)
休診日:水曜日・日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせ:06-6645-6487

WEB初診予約
お問合せ
求人
ブログ
カレンダー
【診療時間】
[月~土] 9:00~13:00 / 14:30~19:30
[休診日] 水曜日・日曜日・祝祭日
Facebook 更新しています!
しかおすすめ
ドクターズ・ファイル
顕微鏡歯科ネットワークジャパン
細胞バンク

HOME > 顕微鏡歯科治療

MICROSCOPE

顕微鏡歯科治療

- 顕微鏡歯科治療とは -

歯科治療を受ける際、当然のことですが、口を開ければ歯科医師が診察や治療を行なってくれます。しかしどれだけ口を大きく開いても、口の中は狭く、暗い空間でしかありません。肉眼では、肝心な部分が陰に隠れて見えないということも珍しくないのです。そのため歯科医師は、虫歯や神経の治療を行うさい、事前に撮影したレントゲン写真などを基に治療を行います。
しかし、どうしても肉眼で見えない箇所は、経験や感覚を頼りに治療を進めていくことになります。

マイクロスコープイメージ

治療経験豊富な歯科医師だからといって、完璧な治療を行なえるとは限りません。肉眼ではどうしても限界があるため、削る必要のある部分が残ってしまうことや、逆に健康な歯を削りすぎてしまうということなども起こります。

そのような事態を防ぎ、より精密な治療を行なうため、当クリニックでは肉眼の2~24倍程度まで大きく患部を見られる『マイクロスコープ』(歯科用顕微鏡)を使用して、拡大治療を行なっています。主に、根管治療、虫歯治療、歯周病治療、審美歯科治療、口腔外科、口腔内検査など幅広い歯科分野でより精密な治療を行なうことができます。

従来であれば、「神経を抜くしかない」「抜歯する方法しかない」「インプラントにする必要がある」と診断されていた症例でも、マイクロスコープを使用して細部まで確認することにより、「歯を残せる」ようになる例が数多くあります。また、今まで原因不明の元であった、歯根破折やヒビなどの原因を究明できることもあります。

マイクロスコープ実例

- 根管治療 -

特にマイクロスコープの使用効果が発揮されるのが、根管治療です。根管治療とは、虫歯が歯の神経まで達している場合、根管(神経が入っている管)内の神経をきれいに除去し、無菌状態にして薬を充填する(詰める)治療のことです。

根管治療イメージ

根管の形状はすべて異なり、湾曲していたり複雑に枝分かれしていますが、肉眼では見ることができません。しかし、根管内に細菌が入ったり、薬がきちんと充填されていないと炎症が起き、痛み、浮き、腫れ、膿が出る、などの症状が出ます。これらが確実に行なわれていないと、虫歯が再発する可能性が高くなり、抜歯せざるを得なくなってしまいます。技術を要し、時間もかかる治療ですが、自分の歯を残して長く使い続けるためには、根管治療がきちんと行われている必要があるのです。

そのためにも、マイクロスコープを使用して細部を確認しながら、洗浄・除菌を徹底することが重要となります。

従来は、経験や感覚を頼りにこの治療を行なっていたため、その精度には限界がありましたが、マイクロスコープの使用により、自分の歯を残すという選択が可能になったのです。

しかし、マイクロスコープを使用している歯科医院は、全国でも3%程度と少ないため、どの歯科医院でもこのような治療ができるわけではありません。

- 治療時間について -

治療時間イメージ

治療経験豊富な歯科医師だからといって、完璧な治療を行なえるとは限りません。肉眼ではどうしても限界があるため、削る必要のある部分が残ってしまうことや、逆に健康な歯を削りすぎてしまうということなども起こります。

そのような事態を防ぎ、より精密な治療を行なうため、当クリニックでは肉眼の2~24倍程度まで大きく患部を見られる『マイクロスコープ』(歯科用顕微鏡)を使用して、拡大治療を行なっています。主に、根管治療、虫歯治療、歯周病治療、審美歯科治療、口腔外科、口腔内検査など幅広い歯科分野でより精密な治療を行なうことができます。