おか顕微鏡歯科医院

診療時間:月曜日~土曜日(9:00~13:00 / 14:30~19:30)
休診日:水曜日・日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせ:06-6645-6487

WEB初診予約
お問合せ
求人
ブログ
カレンダー
【診療時間】
[月~土] 9:00~13:00 / 14:30~19:30
[休診日] 水曜日・日曜日・祝祭日
Facebook 更新しています!
しかおすすめ
ドクターズ・ファイル
顕微鏡歯科ネットワークジャパン
細胞バンク

HOME > 口腔外科治療

ORAL SURGERY

口腔外科治療

- 口腔外科とは -

歯科口腔外科とは、歯だけではなく唇や歯茎などをはじめ、唾液腺、顔や顎の骨、顎の関節など顔面全体をを治療の対象とし、これらに生じた病気を治療して機能を回復させることを目的とした治療を行っております。

口腔外科イメージ

歯や顎の外科的治療、口臭症などの内科的治療まで幅広く行ないます。
この領域で何らかの症状が発生した場合、食事や話すことががうまくできないなどの機能的な部分に障害が発生することがあり、また顎の変形や歯並びなど審美的な部分へも影響を及ぼす可能性があります。

しかし治療により顔面全体の機能や形状が回復することで健康で明るい表情を取り戻すことができます。

- 抜歯について -

歯科口腔外科で行なう多くの治療が治療といえば、一般的によく知られているのが『埋伏歯』(親知らず)の抜歯ではないでしょうか。

- 親知らずとは -

口腔外科イメージ

歯科口腔外科で行なう治療で比較的多くを占めるのが、『埋伏歯』(親知らず)の抜歯です。
永久歯は人によって誤差はありますが平均13歳ごろまでに28本生え揃いますが、それから何年も遅れて一番奥に生えてくる歯を、一般的に『親知らず』といいます。この歯は多くの場合、大人になってから生えはじめ、親はその歯の存在を把握できません。このことから『親知らず』と呼ばれています。

親知らずは上下顎の左右一番奥に、計4本生えます。
親知らずの問題は、真っすぐ生えてくるとは限らず、斜めに生えたり真横に生えたりすることがあり、それによってブラッシングが難しくなります。 そのために、虫歯の原因になったり、口腔内が不衛生な状態になる原因の一つであるといえます。

- 親知らずの抜歯 -

口腔外科イメージ

「親知らずは抜歯しなければいけない」といわれることがありますが、上下の親知らずが正常に噛み合っていて、虫歯や歯周病になっていなければ抜歯の必要はありません。
しかし、親知らずの一部が口の中に露出し、少しだけ生えているような状態であったり、斜め、横と生え方に問題がある場合、隙間に汚れが溜まり、歯茎の炎症や、隣接する歯の虫歯の原因となります。
その結果、健康な歯まで治療をしなければならなくなる可能性が生じますので、痛みがなくても早めに抜歯することをおすすめします。

なお、歯科口腔外科の知識と技術のある歯科医師が治療をおこなうことにより、抜歯の際の顎や骨、歯茎への負担を最小限に抑えることができますので、患者さまに安心して治療を受けていただけます。