おか顕微鏡歯科医院

診療時間:月曜日~土曜日(9:00~13:00 / 14:30~19:30)
休診日:水曜日・日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせ:06-6645-6487

WEB初診予約
お問合せ
求人
ブログ
カレンダー
【診療時間】
[月~土] 9:00~13:00 / 14:30~19:30
[休診日] 水曜日・日曜日・祝祭日
Facebook 更新しています!
しかおすすめ
ドクターズ・ファイル
顕微鏡歯科ネットワークジャパン
細胞バンク

HOME > 小児歯科

PEDODONTICS

小児歯科では治療とともに、予防に力を入れ、丈夫な永久歯を育てていくことを目標に行っています。

- 乳歯は虫歯になりやすい -

小児歯科 乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすいと言われています。
原因としては「永久歯と比べやわらかい」「再石灰化能力が低い」「ブラッシング技術が未熟」などがあげられます。

- 虫歯になりやすい時期 -

平均的に、3歳過ぎから虫歯になり始める傾向にあります。
比較的、上の前歯や下の奥歯が虫歯になりやすいのですが、乳歯は虫歯の痛みを感じにくく痛みを感じた時には、かなり進行してしまっている場合があります。

しかし3歳まで虫歯にならなければ、その後は虫歯になる確率が減少する傾向があり、1歳半~3歳までは、お子さまの歯を虫歯から守るための大切な時期であるといえます。

- 乳歯の虫歯による弊害 -

小児期の虫歯が永久歯におよぼす影響として歯並びが悪くなる点が挙げられます。

乳歯は、永久歯が正常に生えてくるための目印の役割を果たしています。
虫歯などで抜歯をしてしまった場合、永久歯は生えてくる場所がわからず、その結果歯並びが悪くなってしまいます。

また、乳歯の虫歯が進行し歯の根付近にまで膿がたまるなどした場合その下で作られている永久歯のエナメル質を溶かしてしまう場合もあります。
虫歯にならないために何より重要なことは予防することにあります。

もし虫歯になってしまったら、痛くなるまで放置せずきちんと治療を受け、歯の裏側など医師の目でしか分からない異常を素早く発見するために定期検診を受けることも大切です。

もちろん、毎食後の歯磨きと、大人の方が仕上げ磨きをしてあげることで、口の中を清潔に保つことはご説明するまでもございません。