おか顕微鏡歯科医院

診療時間:月曜日~土曜日(9:00~13:00 / 14:30~19:30)
休診日:水曜日・日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせ:06-6645-6487

WEB初診予約
お問合せ
求人
ブログ
カレンダー
【診療時間】
[月~土] 9:00~13:00 / 14:30~19:30
[休診日] 水曜日・日曜日・祝祭日
Facebook 更新しています!
しかおすすめ
ドクターズ・ファイル
顕微鏡歯科ネットワークジャパン
細胞バンク

HOME > 歯周病治療

PERIODONTAL

歯周病治療

- 歯周病とは -

歯周病(歯槽膿漏)とは歯と歯茎の隙間にバイ菌が入り込み、知らず知らずのうちに歯槽骨を溶かして歯が抜け落ちていまうという恐ろしい病気です。
歯周病はこれまで中高年齢層に多く見られると言われていましたが、実状では30代前後で80%の方が発症しており、初期症状においては10代の若年齢層からでも50%もの方にも見受けられます。
また、歯周病は「沈黙の病気」とも呼ばれており、発症しても痛みがないため自覚症状のないまま進行していき、気がついたときには取り返しのつかないという事もございます。

- 歯周病の原因 -

歯 垢
(プラーク)
歯垢(プラーク) 歯垢(プラーク)とは歯と歯茎の間に溜まる乳白色の粘性のある物です。
歯垢1mg中には2億ほどの細菌が存在すると言われております。
また、口の中は栄養面や温度においても細菌が繁殖するには最適な場所なのです。
歯 石 歯石 歯石とは歯垢が長期間付着し唾液中のカルシウムと混ざり合って石灰化した物です。
栄養分を多く含みデコボコがあるので更に細菌や歯垢が溜まりやすくなります。
また、大変硬質のため通常のブラッシングでは取れませんので定期検査による除去をお勧めします。

- 歯周病予防 -

- プラークコントロール -

一般にプラークコントロールとは、歯や歯茎に付着したプラーク(歯垢)を抑制、除去することをいいます。
プラークには、歯周病の進行だけでなく口臭の原因になったり、虫歯菌の増殖にも深く関わっておりますのでプラークコントロールは歯を守るうえで大変重要な事なのです。 また、逆を言えばしっかりとしたプラークコントロールさえ続けていれば、ご家庭でも十分な歯周病予防が可能なのです。

- ブラッシング -

ブラッシングにもただ磨けばいいというわけではありません。
プラークは歯ブラシの入りにくい場所に溜まりやすいため、効率の良い磨き方でなければ、いつまでもプラークがとれないだけでなく、歯の表面を傷つけてしまいます。 正しい知識で効率のよいブラッシングを覚えましょう。

- 歯周病治療について -

歯周病は普段からのブラッシングで予防できますが、歯周病の菌によっては進行の速い場合もあります。 症状の重いときには手遅れになる前の治療をお勧めします。