おか顕微鏡歯科医院

診療時間:月曜日~土曜日(9:00~13:00 / 14:30~19:30)
休診日:水曜日・日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせ:06-6645-6487

WEB初診予約
お問合せ
求人
ブログ
カレンダー
【診療時間】
[月~土] 9:00~13:00 / 14:30~19:30
[休診日] 水曜日・日曜日・祝祭日
Facebook 更新しています!
しかおすすめ
ドクターズ・ファイル
顕微鏡歯科ネットワークジャパン
細胞バンク

HOME > 生活歯髄療法

VITAL PULP THERAPY

生活歯髄療法

- 歯髄とは -

歯髄(しずい)とは、歯の内部(歯髄腔)において存在する疎線維性結合組織のことです。歯髄には、歯の中に栄養を送る血管があったり、虫歯が進行すると冷たい物や温かい物を感じるセンサーがあります。
歯髄は感覚だけでなく虫歯が進行した際、歯の内部で防御機能が働き修復象牙質形成を形成したり、虫歯の細菌に抵抗する免疫細胞などの防御機能があります。最近では歯髄バンクと言われる、歯髄から再生療法を行うといった非常に大切な組織であります。 歯髄を保存する理由としては、歯髄が歯の寿命に大きくかかわるからです。

神経イメージ

歯を失う大きな原因に虫歯、歯周病、破折などもありますが、歯を失う多くの原因の1つとして、この歯髄を虫歯により早期に抜髄処置した歯が、術後根尖病変をつくったり歯根破折を起こして歯を失うというものがあります。

この部分を予防したり1本でも抜髄処置を回避できれば、将来歯の残る本数を増やす事が可能になります。

- 生活歯髄療法とは -

生活歯髄療法(Vital Pulp Therapy)とは、主に歯髄に全く感染や炎症反応がない破折歯、根未完成歯が適応になります。従来からの保険適応の治療では虫歯所処置の際、歯髄が露出すると歯髄の細菌感染を考慮して抜髄処置を行って歯髄を取っていましたが、虫歯が原因で歯髄が露出した場合でも、歯髄症状が正常で炎症がなければMTAセメントにて封鎖し、歯髄を一部か全部保存する事が出来るようになってきました。今までのヒールオゾン、3Mix,ドックベストセメントと違い、虫歯を全て取り去ったのちに行う治療ですので、虫歯の再発や接着という点でも有利だと考えられます。治療成績に関しては歯内専門医が行う抜髄処置よりも低いですが、虫歯になった期間、その方の年齢、痛みのレベルによって成績にばらつきがあるだけだと考えられます。結果的に歯髄の抜髄処置が必要になるかもしれませんが、ファーストチョイスは絶対必要な処置だと考えられます。

- MTAによる生活歯髄療法の治療イメージ -

おおまかなイメージですが、MTAセメント(殺菌作用に優れた薬剤)で埋めて神経を保護します。

- 当院で用いるMTAセメント -

「Bio MTA」・・・直接覆髄という、2mm幅以内の歯髄(神経)の露出(非感染性)の処置を行なった後も、歯を変色させません。貴金属を一切含まないバイオセラミックス材料で、人体に非常になじみやすい性質をもっています。炭酸カルシウムを主成分とした人工的に精製したバイオセラミックス材なので、貴金属(Cr,Cd,As,Ni等)が全く添加されていません。 硬化初期は強アルカリ性(pH12.5)を、4週間後でもアルカリ性(pH7.5)を示します。

エンドセムMTA・・・水溶性シリカ(生命維持に不可欠な物質)を配合することで、ポゾラン反応(水酸化カルシウムと常温で反応し、結合能力をもつ物質をつくること)を促進し、スピーディーな充填作業がおこなえます。ミュータント菌ばかりでなく、経過不良時に高い頻度で見られる病原性細菌である腸球菌に対しても、強い抗菌特性を発揮します。 硬化後は強アルカリ性を持続します。また、カルシウムイオンを持続的に放出します。

- 当院で行った症例 -

今回のケースは部分的断髄(虫歯の近くの歯髄を少しだけ切り取る)に近いケースですが、現在も経過良好です。

- 実際に自分で歯髄保存を希望して体験した症例 -

過去に奥歯を治療した際、歯髄露出が考えられたため、虫歯を残しオゾンを照射して、虫歯菌を殺菌するヒールオゾン治療を試みました。その後、病気の部分を取り除かずに殺菌して自然修復を促す、3Mix治療を行なった症例です。その結果、虫歯を残していた事により接着不良を起こし、再発しました。

写真提供 神戸三ノ宮高田歯科 高田光彦 院長先生

私の場合は直接覆髄のケースでした。現在経過観察中で、良好な状態を保っています。 虫歯を完全に除去できた事で、安心感があります。

- なぜそこまで歯髄保存にこだわるのか -

これは、歯髄を除去した事により歯根破折を招いた歯になります。
歯髄が無く、力を入れて噛んでも感覚がないため、過剰な力がかかり破折を起こします。歯髄を除去した事により、歯根破折を招いたことがきっかけで抜歯になります。