おか顕微鏡歯科医院

診療時間:月曜日~土曜日(9:00~13:00 / 14:30~19:30)
休診日:水曜日・日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせ:06-6645-6487

WEB初診予約
お問合せ
求人
ブログ
カレンダー
【診療時間】
[月~土] 9:00~13:00 / 14:30~19:30
[休診日] 水曜日・日曜日・祝祭日
Facebook 更新しています!
しかおすすめ
ドクターズ・ファイル
顕微鏡歯科ネットワークジャパン
細胞バンク

HOME > 水へのこだわり

PARTICULAR ABOUT WATER

水へのこだわり ─自分たちが「行きたい」と思える歯科医院を目指して

- 歯科医院で使う水の現状 -

water 歯科医院では、治療、うがい、器具の洗浄・消毒・滅菌、手の洗浄など、さまざまな場面で頻繁に水を使います。 日本の水道水は「安全に飲める」といわれるほどきれいであり、日常生活で問題なく使えるため、歯科医院に通院しても、「使っている水はきれいなの?」という疑問を持たれる方は少ないのではないでしょうか。

日本には『水道法』という法律があり、水道から供給される水、つまり飲用や炊事・入浴など日常生活で使う水には『水質基準』が設けられています。そのなかで、「一般細菌(特別な細菌ではなく、人体にほぼ無害な雑菌)の数は、水1mlあたり100個以下」と定められています。

water しかし、歯科医院のユニット(診療台)で使う水には、1ml あたり10万〜100万個という細菌が含まれているのです。お風呂の残り湯に含まれる細菌は1ml あたり1,000~100万個といわれていますが、それを考えるといかに多いかがわかるでしょう。

治療中の口の中は、傷があるなどデリケートな状態になっています。このように多量の細菌が含まれた水を使って治療すると、傷口から細菌が入り込み、患者さまが院内感染する危険性が高くなってしまいます。

- ユニットの水が汚れる理由 -

では、歯科医院のユニットで使う水には、なぜ多量の細菌が含まれているのでしょうか。


- 理由1 -

水道水は、浄水場において塩素消毒による水質調整を受けてから供給されています。
しかし、水道管から歯科医院のユニットまでの給水管は、一般家庭のそれよりも長いため、水が通る過程で塩素が薄くなります。そして、タービン(歯を削る機械)からの噴出や、治療中のうがいに使う段階では、消毒効果が得られないほど塩素が薄まり、細菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。

- 理由2 -

water タービンを使うときには、非常に小さな穴から水を噴出します。
しかし、水道水に含まれるカルキ(塩素消毒された水の中に残留した塩素)や不純物により、水の噴出口が目詰まりするため、ユニットの入り口にある高精度フィルターでカルキを取り除く仕組みになっています。その
ときに、消毒効果のある塩素まで取り除いてしまいます。
その結果、ユニット内に消毒効果のない水が溜まり、水の流れがない部分の給水管の内側に『バイオフィルム』(細菌の集合体が膜状になったもの)ができてしまい、水が汚染されてしまうのです。

- 安心・安全な水を使うための工夫 -

患者様にきれいで安全な水をお使いいただけるよう、当院では2つの設備を導入し、水質対策を徹底しています。

- 除菌装置『ポセイドン』-

water 『ポセイドン』は、添加物を加えることなく水道水を除菌できる装置で
す。
水に含まれる塩素イオンが、電気分解(水に電圧をかけることでマイナス
極から水素、プラス極から酸素が発生する現象)により塩素に変化して水
と反応し、適正な塩素濃度に保たれた電解中性機能水を生成します。
ユニットだけでなく、院内すべての給水管内で細菌の繁殖を抑えることが
でき、細菌数をゼロに近づけられます。そのため、治療環境をより衛生的
に保つことができ、院内感染の予防にも効果的です。

- 衛生管理は基本が大切です -

外国では、病院を開院するにあたり水質検査を受け、一定の水準に達していなければ開院できません。
日本ではそのような基準がないため、きれいな水を使っているという前提で病院が運営されています。

歯科医院で使う水が汚染されていることは、歯科業界では広く認識されていますが、大掛かりな設備が必要となるため、改善に着手する医院が少ないのです。
現在、全国には約6万8000軒の歯科医院がありますが、そのうち『ポセイドン』のようなきれいで安全な水を提供できる装置を完備している医院は、現段階では3%ほどにすぎません。

最新の治療機器に費用をかける医院は多数ありますが、最新の機器で治療を行なっても、水質対策という基本的な部分が適切になされていなければ、本当に患者さまのためになる治療をご提供するのは難しいのではないでしょうか。
いくら衛生管理の徹底をうたい、感染対策に力を入れていても、水質対策をせず汚染された水を使って治療を行なっていては、すべてが台無しになってしまいます。

当院に寄せられる『患者様の声』のなかに、「妥協のない徹底した治療を受けられるのがうれしい」というものがあります。
今後も患者様に喜んでいただけるよう、そして安心・安全な治療を行なうべく、スタッフ一同力を注いでまいります。なにとぞよろしくお願いいたします。

water